「THE HIRAMATSU HOTELS&RESORTS仙石原」宿泊記

今回は神奈川県足柄下郡箱根町仙石原にある「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」に宿泊したブログです。部屋は「<本館>3Fデラックスツイン」です。熱海のひらまつさんに続き仙石原のひらまつさんですね。楽しみです。

重厚さとおしゃれが同居した仙石原ひらまつリゾート

小田原駅東口から箱根登山バスに揺られること1時間、ようやく仙石原ひらまつに到着しました。バスが空いていたのでよかったですが、大混雑状態だと少し疲れるかもしれません。

ひらまつさんのホテルはどこも宿の外観から内部の細かいところまでこだわりをもって設計されています。こちらの仙石原もまるで美術館のような近代的なデザインが取り入れられ、訪れる者の目を楽しませてくれます。

入り口には絵画が飾られていました。館内の至る所にこのような絵画が飾られています。好きな人にはたまらない空間でしょう。

こちらがエントランスとなります。少し無骨な印象すらあった外見とは違い中はとてもあたたかみのある雰囲気です。

こちらがロビーラウンジです。チェックイン・チェックアウト共にこちらで済ませました。

ここでウエルカムドリンクをいただきました。ウエルカムドリンクはアルコール、ノンアルコールのものを数多くの種類の中から選ぶことが出来ます。

ロビーにも雰囲気を盛り立てるように各種の調度品があります。

ホテルで提供されるジュースやお酒、アメニティなどが販売されていました。

<本館>3Fデラックスツイン

今回宿泊したのは<本館>3Fデラックスツインです。もちろん露天風呂付の客室です。

こちらが部屋となります。3階に位置する69平米の部屋で眺めも良いためかなり人気のある部屋なんだとか。

ベッドは(幅122cm×長さ195cm×高さ56cm)のセミダブルベッドが2台。3名利用の場合はエキストラベッドを用意してもらえるようです。

ベッド脇には目覚ましとスマホやPCを動かすために欠かせないものがちゃんと設置されています。

ベッドの正面にはソファが配置されています。

ベッド脇にはワーキングスペースがあります。

オゾンの力で菌を除去…とこんなものがありました。

ソファ側にも椅子と机が…と、机の上に何かを発見しました。

ウエルカムスイーツでした!ありがたいですねえ。

部屋には宿のテーマに沿った本があります。教養のある人はこれを読んで時間をつぶすのかもしれません。もちろん粗野な管理人にはそんなものはありません…。

こちら加湿器付き空気清浄機ですね。このご時世ですしこれも必需品でしょう。

窓側から部屋を眺めるとこんな感じです。

おっとこれは!ティーカップやグラスなどがあります。ということはこの下は冷蔵庫ですね!

冷蔵庫の中にはビールとサイダーとジュースがありました。これらはすべて無料です。

管理人が大好きなタイプやつです。宿泊中にぜんぶ飲んでしまう勢いで好きです。

化粧台とトイレをチェック

こちらトイレとなりますが汚れ一つありません。素晴らしい。

こちら化粧台となります。露天風呂の脇にあるので便利ですね。

洗面台には汚れ一つありません。

BVLGARIのバスアメニティがありました。さすが高級路線です。使うのもったいねー。

更にオムニサンス・パリのスキンケア用品もありました。女性には嬉しいのでは?

石鹸もBVLGARIのものでした。これは使っちゃいました…。

アメニティはホテルオリジナルブランドです。これは熱海のひらまつさんでも同じでしたね。

バスローブやパジャマはホテルオリジナルブランドのものです。タオルは今治産です。細部に至るまでこだわりがありますねえ。

絶景の客室付き露天風呂

さてこちらが客室付きの露天風呂です。大理石が素敵ですね。

広さはなかなかです。これだけの大きさの半露天が部屋の中にあるというのは珍しい。

こんな感じで正面には大きな窓があり、富士の外輪を眺めながら湯につかることができます。

湯につかるとこんな感じになります。湯は源泉掛け流しの新姥子温泉です。泉質は低張性弱酸性高温泉で、神経痛や冷え性への効能、疲労回復にも抜群とされます。無色透明の肌にやさしい泉質で美肌の湯と称されています。特に女性には人気があるそうです。

化粧台にAnker Sound Coreブルートゥーススピーカーがありました。こんなものまであるとは…。

こちら露天風呂のすぐ隣にあるシャワールームです。露天風呂から上がると部屋を横切って内風呂に向かわないといけないなんてことはありません。

テラスに出てみました

天気がよかったのでテラスに出てみました。これは素晴らしい景色です。

箱根外輪山の山並みがはっきりと見えます。

季節が秋だったらさらに素敵な景色になるのでしょうね…。

このひらまつさんの庭園も季節により違う顔を見せてくれるようです。

貸切露天風呂

ひらまつさんの敷地内には貸切露天風呂が2つあります。予約制で宿泊客ならだれでも利用できます。

管理人は2番の貸切露天風呂を予約しました。

こちらが脱衣所です。

タオルやアメニティは全てここに用意されているので部屋から何かを持ち込む必要はありません。

シャワールームも備え付けられています。

こちらが貸切露天風呂となります。部屋の露天風呂よりも更に視界が開けています。

まだ暗い時間帯だったため、お風呂は綺麗にライトアップされていました。

お風呂から入り口を眺めるとこんな感じです。やぼったさが全くないのが凄いですね…。

貸切露天はとても広々としています。

屋根と湯船のふちには檜が用いられています。とても静かで落ち着いた空間でゆっくりと湯を楽しむことが出来ます。

皆さんも仙石原のひらまつさんに宿泊する際はぜひ貸切露天の利用をおすすめします。

雰囲気の良いレストランで夕食と朝食を

さて、それではレストランへ向かいましょう。レストランは一階にあります。

朝夕共にこちらのレストランでいただくことになります。

まず運ばれれ来ましたのがこちらです。こ、これは凄い。白い煙がもくもくとしていて綺麗です。食べ物というよりアートです。何気にクロケットが美味しかったかも…。

続いて厚木シイタケの炭火焼です。管理人はしいたけが苦手なのですがこれは美味かった。

こちらは管理人が希望したリゾットだったかと思います。記憶があいまいで申し訳ない…。

こちら金目鯛のソテー、ムール貝のリゾットとバンジョーヌソースです。量の少なさが気にならないぐらい美味しい…。

こちらがメインディッシュの黒毛和牛のロース肉です。めっちゃくちゃ柔らかいです。赤ワインソースも最高です。

デザートはリンゴのタルトとジェラートでした。

更にはおまけで小菓子までついてきました。うーんここまで食べると満足です。食後はコーヒーをいただきました。

さて、翌朝です。まずは朝の一杯をいただきました。これも新鮮でおいしい…。

料理が次々と運ばれてきました。

こちらの目玉焼きはめっっっっっちゃ美味です。家でも作りたいですが管理人は無理でしょう…。

こちらのサラダも食べごたえは十分です。

パンも美味しいです。パンと卵が美味しい宿に外れは無いと思います。

スープも美味しゅうございました…。

デザートはあっさり目でしつこくなく朝にぴったりでした。食後はやはりコーヒーをいただいて退散しました。

館内を少し探検

仙石原ひらまつさんは本館とレジデンス棟にわかれています。灰色の重厚な建物が本館、こちらがレジデンス棟となります。

レジデンス棟にはトレーニングルームもあり、こちらは本館宿泊者も利用できます。

庭園もよく手入れされており美しいの一言です。

また、本館やレジデンス棟の至る所にこのような調度品が置かれています。

どれこもこれも高そうでくらくらしますね…。

また、館内にはこのような絵画が至る所に飾られており宿泊客の目を楽しませてくれます。皆さんもぜひ見て回ってみてはどうでしょうか。

満足度が高い美食の宿

このような高級志向の宿はちょっとハードルが高いかな~と思っていたのですが、スタッフさんの対応も丁寧でとても好感がもてました。部屋の設備、アメニティは全て一流のものですし、料理の美味しさにもケチをつけるところがありません。ぜひ、お勧めしたい宿の一つです。

アクセス・データ

チェックイン:15:00~19:30
チェックアウト:11:00
室数:全20室
ペット:不可
お子様:可

お風呂
■貸切風呂の数: 2
■営業時間: —
■温泉: あり
■かけ流し: あり
■にごり湯: なし
■補足事項: 源泉100%

泉質・効能
■温泉の泉質: 単純温泉カルシウム硫酸塩泉等
■温泉の効能: 眼病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復等

<バス>
小田原駅東口→ 箱根登山バス(湖尻/桃源台行き)で、約1時間
「箱根カントリー入口」下車徒歩3分

関連記事

  1. 超絶景を独占!「滝元館 遊季の里」宿泊記

  2. トイレも絶景?~金乃竹仙石原の天空スイート 宿泊記

  3. 和乃オーベルジュ~「きたの風茶寮」宿泊記

  4. 自然に囲まれた癒し空間で湯につかる~arcana izu 宿泊記

  5. 長良川が目の前に!「長良川温泉十八楼」宿泊記

  6. 「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海」宿泊記

  7. 飛騨の美食宿を堪能!「飛騨亭花扇」宿泊記

  8. 絶景風呂と絶品イタリアン!il azzurri(イル・アズーリ)宿泊記

  9. “歴史”に泊まろう「おちあいろう」宿泊記

  1. 登録されている記事はございません。